ヒルストンの「M&A支援」の特徴

中小企業の事業承継の課題に対して、M&Aを提案します。

日本の社長の平均年齢は60歳近くで、高度成長期に創業した企業の社長の事業継承の問題が多くとりただされています。通常、子供への会社の引き継ぎや従業員からの社長の選任などの道が難しい場合、下降線を辿った上に廃業する会社も少なくありません。まだ企業として強み・優位性があるうちに、会社を売却することで事業承継問題を解決する道があります。

・子供が会社を引き継ぐ意思がない...・従業員の中で社長を任せられる人材がいない...・早期に引退して第二の人生を歩みたい...・成長のために拠点や人材が欲しい...・中核ではない事業を売却して本業に集中したい...

難しいM&Aのサポートを行います。

大手企業のM&Aと中小企業の事業継承型のM&Aでは全く内容や進め方が異なっています。専任担当者ももちろん置くことはできず、知識がない社長のサポートをする存在が必要になります。 現在、中小企業専門の事業承継型M&Aを扱う仲介会社も数10社存在します。特に、売却側の企業の経営者をサポートしながらもっとも有利な条件で売却できる仲介会社を紹介します。経営者の知恵袋としてサポートをいたします。

「経営者サイドの参謀役」として。

2013年6月27日に弊社代表取締役石坂裕が、一般社団法人金融財政事情研究会認定の「M&Aシニアエキスパート」を取得しました。 「M&Aの手順や流れはどんなものか」「概算で株価はいくら位か」「買収企業側との交渉は1社で進めるのか複数で進めた方がいいのか」など、M&A検討の初期段階の情報提供サービスと課題・強みから「どこの仲介会社を利用するのがベストか」をサポートします。

M&Aシニアエキスパート取得

今すぐ相談する